戻る

クルハウズ

10°C
B.スルワゴス通り2番地, ビルシュトナス
聞く
ルート

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

ビルシュトナス・クルハウズ(この名前はドイツ語に由来し、「リゾート地の客間」という意。)― このタイプの建造物で、保存かつ修復に成功したは、国内ではこの建物だけです。

最初のビルシュトナスのクルハウズについて、1855年にポーランド詩人ヴワディスワフ・シロコムラが書き残しました。この建物は、当時、廃屋状態だったことが1921年の文書に記録されています。しかし、修繕後、休日にはオーケストラがここで演奏するようになりました。1931年に、かつての建物は解体され、戦間期にリトアニアで最も多才な建築家の一人とされたロマナス・ステイクーナスの設計によって、クルハウズは同じ場所に生まれ変わりました。

この地で最も重要な建築物の一つにあたるクルハウズを設計する際、ステイクーナスは、モダンな要素を取り入れたり(例えば、1階の窓)、コーニスなどにエスニック・スタイルの装飾を施しました。関係当局は、常に、建物の改修や改善に努め、すぐそばには鉱泉館も建てられました。

第二次世界大戦中、木造のクルハウズで起きた火災によって、内装が消失しました。1960年に再建され、戦間期には珍しい装飾が加えられました。現在、ここでは、レストランが営業し、コンサートホールもあり、展示会が開催されることもあります。

クルハウズ

B.スルワゴス通り2番地, ビルシュトナス

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

ビルシュトナス・クルハウズ(この名前はドイツ語に由来し、「リゾート地の客間」という意。)― このタイプの建造物で、保存かつ修復に成功したは、国内ではこの建物だけです。

最初のビルシュトナスのクルハウズについて、1855年にポーランド詩人ヴワディスワフ・シロコムラが書き残しました。この建物は、当時、廃屋状態だったことが1921年の文書に記録されています。しかし、修繕後、休日にはオーケストラがここで演奏するようになりました。1931年に、かつての建物は解体され、戦間期にリトアニアで最も多才な建築家の一人とされたロマナス・ステイクーナスの設計によって、クルハウズは同じ場所に生まれ変わりました。

この地で最も重要な建築物の一つにあたるクルハウズを設計する際、ステイクーナスは、モダンな要素を取り入れたり(例えば、1階の窓)、コーニスなどにエスニック・スタイルの装飾を施しました。関係当局は、常に、建物の改修や改善に努め、すぐそばには鉱泉館も建てられました。

第二次世界大戦中、木造のクルハウズで起きた火災によって、内装が消失しました。1960年に再建され、戦間期には珍しい装飾が加えられました。現在、ここでは、レストランが営業し、コンサートホールもあり、展示会が開催されることもあります。

コメント

送信
送信されました!