戻る

サナトリウム「チューリップ」の泥・水療養所

10°C
ビルテス通り31番地, ビルシュトナス
聞く
ルート

ビルシュトナスの名前が文献に登場したのは、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告された1382年のことです。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

赤十字社は、リゾート地の管理だけでなく、その開発や近代化にも取り組みました。近代化の特徴の一つが、ビルシュトナスで始まった泥治療事業です。この事業のために、赤十字マークで飾られた治療施設が建設され、1933年、行楽客や健康強化を望む人々は、このサービスを受ける機会を得ることができました。

これは、戦間期に急速に新しく変化を遂げたリゾート地の象徴の一つです。1935年まで、集中的に、古い建物は壊され、新しいものが建てられました。リゾートの開発指揮を執ったのは、ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスでした。1930年に作成された「重要な鉱泉浴宮殿」プロジェクトの発案者である建築家のロマナス・ステイクーナスは、ビルシュトナスに多くの自分の足跡を残しています。興味深いことに、赤十字社は、この時期に、自社のネットワークを国内の他都市にも広げていました。

第一次独立期間中に建設されたビルシュトナスの建造物のほとんどは木造でしたが、石造りの療養所は、建築の優雅さで言えば、他とは異なるものでした。ガラス張りの正面が軽快さを与え、待合ホールと会計窓口のあるロビーの上をドームが覆っています。

1935年8月の「リトアニアのこだま」紙の記事には、「ビルシュトナスの療養所の鉱泉浴、炭酸浴、泥浴に雨は影響しない。利用者は日増しに増えている。」という記述がありました。戦間期、ビルシュトナスについて書いたジャーナリストは、同じく、「医者の多くも、自らここで治療を受けている」と述べており、なんと、国外からこのリゾート地に来る人もいました。

サナトリウム「チューリップ」の泥・水療養所

ビルテス通り31番地, ビルシュトナス

ビルシュトナスの名前が文献に登場したのは、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告された1382年のことです。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

赤十字社は、リゾート地の管理だけでなく、その開発や近代化にも取り組みました。近代化の特徴の一つが、ビルシュトナスで始まった泥治療事業です。この事業のために、赤十字マークで飾られた治療施設が建設され、1933年、行楽客や健康強化を望む人々は、このサービスを受ける機会を得ることができました。

これは、戦間期に急速に新しく変化を遂げたリゾート地の象徴の一つです。1935年まで、集中的に、古い建物は壊され、新しいものが建てられました。リゾートの開発指揮を執ったのは、ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスでした。1930年に作成された「重要な鉱泉浴宮殿」プロジェクトの発案者である建築家のロマナス・ステイクーナスは、ビルシュトナスに多くの自分の足跡を残しています。興味深いことに、赤十字社は、この時期に、自社のネットワークを国内の他都市にも広げていました。

第一次独立期間中に建設されたビルシュトナスの建造物のほとんどは木造でしたが、石造りの療養所は、建築の優雅さで言えば、他とは異なるものでした。ガラス張りの正面が軽快さを与え、待合ホールと会計窓口のあるロビーの上をドームが覆っています。

1935年8月の「リトアニアのこだま」紙の記事には、「ビルシュトナスの療養所の鉱泉浴、炭酸浴、泥浴に雨は影響しない。利用者は日増しに増えている。」という記述がありました。戦間期、ビルシュトナスについて書いたジャーナリストは、同じく、「医者の多くも、自らここで治療を受けている」と述べており、なんと、国外からこのリゾート地に来る人もいました。

コメント

送信
送信されました!