戻る

サナトリウム

4°C
クロルト通り6番地, ドゥルスキニンカイ
聞く
ルート

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

ドゥルスキニンカイの建物の特徴は、木造が多く、独特でレクリエーショナルな建築にあります。ビラの建設ラッシュは、第一次世界大戦前に始まり、第二次世界大戦前が最も盛んでした。

部屋のバルコニーから下を流れるネムナス川を眺め、コーヒーを飲みながら、朝をのんびりと過ごす。1930年頃には、ドゥルスキニンカイに来た行楽客たちは、既にこんな贅沢を楽しんでいたのです。このサナトリウム(市内最大の丸太造りの建物)を設計した人物に関する資料は、残念ながら、何も残っていません。現在も宿泊の価値があるのは、絶好の立地条件や静寂さと優れた建築がその理由です。

ドゥルスキニンカイの歴史的な場所に建つ緑で囲まれた2階建てのサナトリウムは、T型の設計です。建物の前には、2階分の高さの大きな4本の柱が、オープンポーチを覆うようにして立ち並び、三角形のペディメントを支えています。それが、この建物を最も印象的に見せています。

建物の改築の際、半地下階には窓が作られました。サウナ客は、そこからネムナス川の景観を楽しめましたが、他の木造建築とは調和がとれていませんでした。他のサナトリウムの設計も変更されましたが、最初の機能は残りました。ここは、ホテル「ヴィンギス(Vingis)」として使われ、近くにあるホテル「ヴィオレッタ(Violeta)」も複合施設の一部になっています。

サナトリウム

クロルト通り6番地, ドゥルスキニンカイ

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

ドゥルスキニンカイの建物の特徴は、木造が多く、独特でレクリエーショナルな建築にあります。ビラの建設ラッシュは、第一次世界大戦前に始まり、第二次世界大戦前が最も盛んでした。

部屋のバルコニーから下を流れるネムナス川を眺め、コーヒーを飲みながら、朝をのんびりと過ごす。1930年頃には、ドゥルスキニンカイに来た行楽客たちは、既にこんな贅沢を楽しんでいたのです。このサナトリウム(市内最大の丸太造りの建物)を設計した人物に関する資料は、残念ながら、何も残っていません。現在も宿泊の価値があるのは、絶好の立地条件や静寂さと優れた建築がその理由です。

ドゥルスキニンカイの歴史的な場所に建つ緑で囲まれた2階建てのサナトリウムは、T型の設計です。建物の前には、2階分の高さの大きな4本の柱が、オープンポーチを覆うようにして立ち並び、三角形のペディメントを支えています。それが、この建物を最も印象的に見せています。

建物の改築の際、半地下階には窓が作られました。サウナ客は、そこからネムナス川の景観を楽しめましたが、他の木造建築とは調和がとれていませんでした。他のサナトリウムの設計も変更されましたが、最初の機能は残りました。ここは、ホテル「ヴィンギス(Vingis)」として使われ、近くにあるホテル「ヴィオレッタ(Violeta)」も複合施設の一部になっています。

コメント

送信
送信されました!