戻る

ドゥルスキニンカイ聖母マリア・シュカプリエリネ教会

8°C
I. Fonbergo g. 15, Druskininkai
聞く
ルート

19世紀半ばに、ヴィリニュス通りの始まりにある広場に、ネオゴシック様式の礼拝所が建てられました。その形からは、どちらかと言えば、正教の礼拝所を思わせますが、それは、恐らく、グロドノ出身の建築家による設計だからでしょう(当時、リゾート地は、ロシア帝国のグロドノ行政区の一部でした。)この礼拝所のオルガン奏者は、ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニスの父親でした。礼拝所の鐘も、この若い芸術家に刺激を与えました。しかし、現在の教会は、1912年に建設が開始され、戦間期に完成したものです。これは、ドゥルスキニンカイでは唯一のカトリック教会です。

1909年、ドゥルスキニンカイのカトリック信者には、もっと広い礼拝所がふさわしいと判断され、サンクト・ペテルブルグアートアカデミーの卒業生であるポーランド人のステファン・シラーによって設計されました。シラーは、自身の作品に過去のものを引用し、バロックやルネッサンス建築を評価しましたが、ドゥルスキニンカイの教会の設計にあたっては、ネオゴシックの伝統を追求しました。建築専門家は、彼のデザインは、オランダやリトアニアのゴシック建築の伝統に基づくと考えています。ヴィリニュスの聖アンナ教会に、まさに共通点を見ることができるのです。

教会の建設に資金提供したのは、この町のカトリック教会の司祭であったボレスロヴァス・ヴァレイカでした。彼は、当時、ドゥルスキニンカイに秘密のポーランド人学校を設立しました。また、その他にも、雑誌「ドゥルスキニンカイ鉱泉の人魚」の出版者であり、医者でもあったクサヴェラス・ヴォルフガンガスの妻ヘンリカが出資したという説や、地元の金持ちが、自分のビラから教会の入口が見えるように建てるという条件付きで、出資を申し出たが、ヴァレイカ司祭が同意しなかったという説などもあります。

戦争によって、建設は中断され、塔や建物内部は完成しませんでした。教会の聖別は、戦間期になってからのことです。出版記録の中には、「当時、既に独裁者であったポーランド軍元帥ユゼフ・ピウスツキが、新しい礼拝所を訪問した」という興味深い記述があります。

ソ連邦占領下では、ヴィリニュスの司祭ユワザス・ヴァイチューナスがドゥルスキニンカイに派遣されました。言語学者のユワザス・バルチコニスや作家のヴィンツァス・ミーコライティス・プティナスらが、しばしば彼のところにやって来ては、近くの司祭館に滞在していたそうです。

1991年、教会正面に、キャストゥティス・ユワザパス・パタムシスが制作した、高さ4.5メートルの恩恵を施すキリスト像が建てられました。

ドゥルスキニンカイ聖母マリア・シュカプリエリネ教会

I. Fonbergo g. 15, Druskininkai

19世紀半ばに、ヴィリニュス通りの始まりにある広場に、ネオゴシック様式の礼拝所が建てられました。その形からは、どちらかと言えば、正教の礼拝所を思わせますが、それは、恐らく、グロドノ出身の建築家による設計だからでしょう(当時、リゾート地は、ロシア帝国のグロドノ行政区の一部でした。)この礼拝所のオルガン奏者は、ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニスの父親でした。礼拝所の鐘も、この若い芸術家に刺激を与えました。しかし、現在の教会は、1912年に建設が開始され、戦間期に完成したものです。これは、ドゥルスキニンカイでは唯一のカトリック教会です。

1909年、ドゥルスキニンカイのカトリック信者には、もっと広い礼拝所がふさわしいと判断され、サンクト・ペテルブルグアートアカデミーの卒業生であるポーランド人のステファン・シラーによって設計されました。シラーは、自身の作品に過去のものを引用し、バロックやルネッサンス建築を評価しましたが、ドゥルスキニンカイの教会の設計にあたっては、ネオゴシックの伝統を追求しました。建築専門家は、彼のデザインは、オランダやリトアニアのゴシック建築の伝統に基づくと考えています。ヴィリニュスの聖アンナ教会に、まさに共通点を見ることができるのです。

教会の建設に資金提供したのは、この町のカトリック教会の司祭であったボレスロヴァス・ヴァレイカでした。彼は、当時、ドゥルスキニンカイに秘密のポーランド人学校を設立しました。また、その他にも、雑誌「ドゥルスキニンカイ鉱泉の人魚」の出版者であり、医者でもあったクサヴェラス・ヴォルフガンガスの妻ヘンリカが出資したという説や、地元の金持ちが、自分のビラから教会の入口が見えるように建てるという条件付きで、出資を申し出たが、ヴァレイカ司祭が同意しなかったという説などもあります。

戦争によって、建設は中断され、塔や建物内部は完成しませんでした。教会の聖別は、戦間期になってからのことです。出版記録の中には、「当時、既に独裁者であったポーランド軍元帥ユゼフ・ピウスツキが、新しい礼拝所を訪問した」という興味深い記述があります。

ソ連邦占領下では、ヴィリニュスの司祭ユワザス・ヴァイチューナスがドゥルスキニンカイに派遣されました。言語学者のユワザス・バルチコニスや作家のヴィンツァス・ミーコライティス・プティナスらが、しばしば彼のところにやって来ては、近くの司祭館に滞在していたそうです。

1991年、教会正面に、キャストゥティス・ユワザパス・パタムシスが制作した、高さ4.5メートルの恩恵を施すキリスト像が建てられました。

コメント

送信
送信されました!