戻る

ビラ「モウレ」

7°C
ライスヴェス通り21番地, ドゥルスキニンカイ
聞く
ルート

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数が急増し、その結果として、貸し別荘の数も増加しました。ドゥルスキニンカイの建物の特徴は、木造が多く、独特でレクリエーショナルな建築にあります。ビラの建設ラッシュは、第一次世界大戦前に始まり、第二次世界大戦前が最も盛んでした。

ドゥルスキニンカイの歴史的な場所に建つ、この、特に「リゾートチック」な建物の設計者は不明です。正面がライスヴェス通りに面した折衷様式の建物は、19世紀末または20世紀初頭に建てられたと考えられています。この2階建ての建物は、当時、住宅になっていました。

小さな敷地にあるビラは、四角い設計で、2階に通じる階段が真ん中に設置されています。2階建てのバルコニーが、建物正面を飾り、最も美しいのは、透かし彫り細工です。面白いことに、建築史学者は、冗談なのか、本気なのか、この建物に、16世紀にロシアを支配したイワン雷帝時代の「御殿(女性たちが居住していた2階建ての屋敷)」の特徴を見つけました。

ソ連邦占領時、ビラは廃墟となり、危機的状態にありましたが、1985年に再建され、かつて住宅だった建物は、保養施設に様変わりしました。2004年に修復され、現在、ここでは、11室を備えるアパートメントホテル「ダリヤ(Dalija)」が営業されています。建物内には、彫刻を施した階段の手すりが、オリジナルのまま残っています。

ビラ「モウレ」

ライスヴェス通り21番地, ドゥルスキニンカイ

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数が急増し、その結果として、貸し別荘の数も増加しました。ドゥルスキニンカイの建物の特徴は、木造が多く、独特でレクリエーショナルな建築にあります。ビラの建設ラッシュは、第一次世界大戦前に始まり、第二次世界大戦前が最も盛んでした。

ドゥルスキニンカイの歴史的な場所に建つ、この、特に「リゾートチック」な建物の設計者は不明です。正面がライスヴェス通りに面した折衷様式の建物は、19世紀末または20世紀初頭に建てられたと考えられています。この2階建ての建物は、当時、住宅になっていました。

小さな敷地にあるビラは、四角い設計で、2階に通じる階段が真ん中に設置されています。2階建てのバルコニーが、建物正面を飾り、最も美しいのは、透かし彫り細工です。面白いことに、建築史学者は、冗談なのか、本気なのか、この建物に、16世紀にロシアを支配したイワン雷帝時代の「御殿(女性たちが居住していた2階建ての屋敷)」の特徴を見つけました。

ソ連邦占領時、ビラは廃墟となり、危機的状態にありましたが、1985年に再建され、かつて住宅だった建物は、保養施設に様変わりしました。2004年に修復され、現在、ここでは、11室を備えるアパートメントホテル「ダリヤ(Dalija)」が営業されています。建物内には、彫刻を施した階段の手すりが、オリジナルのまま残っています。

コメント

送信
送信されました!