戻る

ビラ「ラディウム」

6°C
T.コスチュシュコス通り9番地, ドゥルスキニンカイ
聞く
ルート

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。19世紀末には、町はロシア帝国外でも知られていました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

このビラは、建築的観点から見て、ドゥルスキニンカイで最も価値の高い建物の一つにあたるとされ、その誕生日には、いくつかの異なる見解があります。一部の研究者は、誕生したのは1920年代だと考えていますが、建設は19世紀末まで遡るという意見や第一次世界大戦前だとする見方もあります。ビラ「ラディウム」を建設した人物について、文献にグルジンスカス家の名前の記述がありますが、実際の詳細は不明です。この近くに少し後で建てられた石造りの家に(こういう建物は、ソ連邦占領以前のリゾート地には、あまり多くありませんでした)、ドゥルスキニンカイ町長であり、グロドノの貴族であったアンタナス・グルジンスカスが住んでいたかもしれません。

名前の由来についても不明です。1909年に、ドゥルスキニンカイの鉱泉水に化学元素のラジウムが発見されたという報道があり、それに由来すると考えられています。ロマンがないと感じられるかもしれませんね?しかし、この元素が発見され、フランス語の「放射」に由来して命名されてから、まだ10年しか経っていなかったことを、是非思い出してください。

切妻屋根の小さなビラは、丸太造りで、羽目板で覆われています。遊び心のある塔が複雑な建築に軽快さを与え、装飾も目を引きます。

魅力的でロマンチックなドゥルスキニンカイのビラの多くと同様、この建物も、ソ連邦占領時代に大きく被害を受け、本来の機能も、精巧につくられた内装も失いました。旧ビラは、療養所の研究室として使われました。2009年には、行楽客で再び賑わうようになりました。

ビラ「ラディウム」

T.コスチュシュコス通り9番地, ドゥルスキニンカイ

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。19世紀末には、町はロシア帝国外でも知られていました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。ドゥルスキニンカイがポーランドの一部だった戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くの独特なレクリエーショナル建築の建物が建設されました。

このビラは、建築的観点から見て、ドゥルスキニンカイで最も価値の高い建物の一つにあたるとされ、その誕生日には、いくつかの異なる見解があります。一部の研究者は、誕生したのは1920年代だと考えていますが、建設は19世紀末まで遡るという意見や第一次世界大戦前だとする見方もあります。ビラ「ラディウム」を建設した人物について、文献にグルジンスカス家の名前の記述がありますが、実際の詳細は不明です。この近くに少し後で建てられた石造りの家に(こういう建物は、ソ連邦占領以前のリゾート地には、あまり多くありませんでした)、ドゥルスキニンカイ町長であり、グロドノの貴族であったアンタナス・グルジンスカスが住んでいたかもしれません。

名前の由来についても不明です。1909年に、ドゥルスキニンカイの鉱泉水に化学元素のラジウムが発見されたという報道があり、それに由来すると考えられています。ロマンがないと感じられるかもしれませんね?しかし、この元素が発見され、フランス語の「放射」に由来して命名されてから、まだ10年しか経っていなかったことを、是非思い出してください。

切妻屋根の小さなビラは、丸太造りで、羽目板で覆われています。遊び心のある塔が複雑な建築に軽快さを与え、装飾も目を引きます。

魅力的でロマンチックなドゥルスキニンカイのビラの多くと同様、この建物も、ソ連邦占領時代に大きく被害を受け、本来の機能も、精巧につくられた内装も失いました。旧ビラは、療養所の研究室として使われました。2009年には、行楽客で再び賑わうようになりました。

コメント

送信
送信されました!