戻る

ビラ複合施設

8°C
マイローニョ通り14番地、12番地, ドゥルスキニンカイ
聞く
ルート

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ここを訪れたポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。19世紀末には、町はロシア帝国外でも知られていました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くのビラが新築され、既にあったものは修復されました。

賑やかな町の中心から離れると、豊かな透かし彫り細工のデザートが建築グルメたちを出迎えます。それは、この環境に特に調和した、多様な木々や植物に囲まれた2棟のビラです。よりエレガントな方は、14の番号が付けられたビラで、イタリアン・ロマンスの香りが漂っています。

木造の建物は、19世紀末に建てられました。その頃やその少し後、第一次世界大戦まで、このリゾート地は、ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニスやペトラス・リムシャら、その時代の重要な芸術家や知識人らが愛する場所でもありました。

これらのビラの所有者は、地元の実業家フレンケリスでした。彼は、ビラにレストランをオープンし、町で最初に行楽者向けに部屋貸しを始めた一人でした。最初に付けられた名前は「インペリアル」で、アイボリーカラーのビラは、逸材で造られ、その上を羽目板が覆っています。建物正面は、いわゆるロシアン・スタイルと言われる透かし細工がふんだんにあしらわれています。1階建ての小さな建物の方が控え目ではありますが、こちらも豊かな装飾で飾られています。

マイローニョ通り16番地に後から建てられたビラも、是非ご覧ください。前述のビラに似ていますが、イタリア風というよりは、どちらかと言えばスイス風です。中もご覧頂くことができます。ここでは、長い間、人気のカフェ「ハート(Širdelė)」が営業しています。これらすべてのビラの役割は、長い間、変わっていません。現在は、レジャー複合施設「ダイナヴァ(Dainava)」の一部となっています。

ビラ複合施設

マイローニョ通り14番地、12番地, ドゥルスキニンカイ

ドゥルスキニンカイが初めて文献に登場したのは、1596年で、ドゥルスキニンカイ村は、ペルヴァルカス荘園の領主ヴォロパユスに譲渡されことが記されています。既にその頃、村の住民らは、塩分を含む鉱泉に治療力があることに気付き、足の怪我の治療に利用していました。民間療法医師のスールチェイ(スールミエスチェイ、スロウチェイ)一族は有名です。「ドゥルスキニンカス」という言葉は、塩の製造や販売に従事する人を意味します。

1794年、ここを訪れたポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの勅令により、ドゥルスキニンカイは湯治場に認定されました。1837年、当時の皇帝ニコライ1世は、泥浴と鉱泉浴で既に有名だったリゾート地の開発許可を与えました。19世紀末には、町はロシア帝国外でも知られていました。第一次世界大戦中に大きな被害を受けたこのリゾート地が、実際に復旧されたのは、1930年のことです。戦間期、ここで治療する人の数は急増し、多くのビラが新築され、既にあったものは修復されました。

賑やかな町の中心から離れると、豊かな透かし彫り細工のデザートが建築グルメたちを出迎えます。それは、この環境に特に調和した、多様な木々や植物に囲まれた2棟のビラです。よりエレガントな方は、14の番号が付けられたビラで、イタリアン・ロマンスの香りが漂っています。

木造の建物は、19世紀末に建てられました。その頃やその少し後、第一次世界大戦まで、このリゾート地は、ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニスやペトラス・リムシャら、その時代の重要な芸術家や知識人らが愛する場所でもありました。

これらのビラの所有者は、地元の実業家フレンケリスでした。彼は、ビラにレストランをオープンし、町で最初に行楽者向けに部屋貸しを始めた一人でした。最初に付けられた名前は「インペリアル」で、アイボリーカラーのビラは、逸材で造られ、その上を羽目板が覆っています。建物正面は、いわゆるロシアン・スタイルと言われる透かし細工がふんだんにあしらわれています。1階建ての小さな建物の方が控え目ではありますが、こちらも豊かな装飾で飾られています。

マイローニョ通り16番地に後から建てられたビラも、是非ご覧ください。前述のビラに似ていますが、イタリア風というよりは、どちらかと言えばスイス風です。中もご覧頂くことができます。ここでは、長い間、人気のカフェ「ハート(Širdelė)」が営業しています。これらすべてのビラの役割は、長い間、変わっていません。現在は、レジャー複合施設「ダイナヴァ(Dainava)」の一部となっています。

コメント

送信
送信されました!