戻る

ビルシュトナス博物館

7°C
ヴィトウト通り9番地, ビルシュトナス
聞く
ルート

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

ビルシュトナスでミネラルウォーターの水源を探す人も、戦間期特有の木造建築を探す人も、そしてビルシュトナス史をより詳しく知りたいと思う人も、その誰もが、森林管理者のアンタナス・カテレに感謝すべきでしょう。

リゾート地で働いていたカテレは、収入を増やすために、行楽客向けに部屋貸しすることにしました。そのために、1932~1933年に、どこの町にあっても美しい、見事な木造のビラが建てられました。ソ連邦占領以前は、体力回復を目指してビルシュトナスにやって来た教員らが、ここを利用していました。後年、民営だったビラは、国営宿泊所「ラムネ(Ramunė)」になりました。

非対称構造が魅力の二つの塔をもつ木造家屋は、1967年以降、ビルシュトナス博物館となっています。華やかな入口には、切り絵を連想させる彫刻で飾った台形型のバルコニーがあり、それを柱が支えています。

博物館のコレクション品を収集し始めたのは、地理クラブの顧問をしていたペトラス・カズロウスカスでした。彼は、地理の教師で、生徒たちと一緒に、資料や新聞の切り抜き、写真、この地の歴史に関するデータなどを収集しました。これらの収集品は、1966年にサナトリウム「チューリップ(Tulpė)」に展示され、その後、博物館の施設もでき、現在は、古代史から現代に至る町の歴史が紹介されています。

ビルシュトナス博物館

ヴィトウト通り9番地, ビルシュトナス

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

ビルシュトナスでミネラルウォーターの水源を探す人も、戦間期特有の木造建築を探す人も、そしてビルシュトナス史をより詳しく知りたいと思う人も、その誰もが、森林管理者のアンタナス・カテレに感謝すべきでしょう。

リゾート地で働いていたカテレは、収入を増やすために、行楽客向けに部屋貸しすることにしました。そのために、1932~1933年に、どこの町にあっても美しい、見事な木造のビラが建てられました。ソ連邦占領以前は、体力回復を目指してビルシュトナスにやって来た教員らが、ここを利用していました。後年、民営だったビラは、国営宿泊所「ラムネ(Ramunė)」になりました。

非対称構造が魅力の二つの塔をもつ木造家屋は、1967年以降、ビルシュトナス博物館となっています。華やかな入口には、切り絵を連想させる彫刻で飾った台形型のバルコニーがあり、それを柱が支えています。

博物館のコレクション品を収集し始めたのは、地理クラブの顧問をしていたペトラス・カズロウスカスでした。彼は、地理の教師で、生徒たちと一緒に、資料や新聞の切り抜き、写真、この地の歴史に関するデータなどを収集しました。これらの収集品は、1966年にサナトリウム「チューリップ(Tulpė)」に展示され、その後、博物館の施設もでき、現在は、古代史から現代に至る町の歴史が紹介されています。

コメント

送信
送信されました!