戻る

ビルシュトナス観光インフォメーションセンターの建物

10°C
B.スルワゴス通り4番地, ビルシュトナス
聞く
ルート

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

独特なクルハウズに最も近いのは、リゾート管理施設で、これは、1930年に、同じ建築家のロマナス・ステイクーナスが設計しました。その頃、リトアニア国内のほとんどの管理施設の建物は、より高価ではありましたが、石造建築でした。木造は、近代都市には相応しくないと考えられていたからです。どうやら、リゾートにこそ、こういう建築が相応しかったのでしょう。豪華なビラで働くことは、官僚らにとって、悪いことではなかったのかもしれません。建物には住宅も設けられ、彼らの中には、ここに居住した人もいました。戦間期には、郵便局や診療所がここにありました。

この建物は、戦間期に建てられたリトアニアで最も美しい木造建築アンサンブルの一部であり、伝統装飾やモダニズムの足跡が、ここに調和しています。例えば、カウナスでしばしば見かける細長の窓を、ここでは正面全体に施された縞模様の装飾に見ることができます。大きな円形のベランダも見事です。

ビルシュトナスにお越しになられたら、是非こちらにお立ち寄りください。なぜなら、建物の改修後、ここには観光インフォメーションセンターが設置されたからです。スタッフが、どんな質問にもお答えし、近代的リズムで生き、歴史のあるビルシュトナスのお薦め観光ルートをご紹介しています。

ビルシュトナス観光インフォメーションセンターの建物

B.スルワゴス通り4番地, ビルシュトナス

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

独特なクルハウズに最も近いのは、リゾート管理施設で、これは、1930年に、同じ建築家のロマナス・ステイクーナスが設計しました。その頃、リトアニア国内のほとんどの管理施設の建物は、より高価ではありましたが、石造建築でした。木造は、近代都市には相応しくないと考えられていたからです。どうやら、リゾートにこそ、こういう建築が相応しかったのでしょう。豪華なビラで働くことは、官僚らにとって、悪いことではなかったのかもしれません。建物には住宅も設けられ、彼らの中には、ここに居住した人もいました。戦間期には、郵便局や診療所がここにありました。

この建物は、戦間期に建てられたリトアニアで最も美しい木造建築アンサンブルの一部であり、伝統装飾やモダニズムの足跡が、ここに調和しています。例えば、カウナスでしばしば見かける細長の窓を、ここでは正面全体に施された縞模様の装飾に見ることができます。大きな円形のベランダも見事です。

ビルシュトナスにお越しになられたら、是非こちらにお立ち寄りください。なぜなら、建物の改修後、ここには観光インフォメーションセンターが設置されたからです。スタッフが、どんな質問にもお答えし、近代的リズムで生き、歴史のあるビルシュトナスのお薦め観光ルートをご紹介しています。

コメント

送信
送信されました!