戻る

プルンゲ鉄道駅と鉄道職員の家

(現住宅)

5°C
ストティエス通り44番地, プルンゲ郡
聞く
ルート

独立宣言後、1919年7月6日にカイシャドレイ発ラドヴィリシュキス行きの第一便の列車が運行されました。独立後、ロシア帝国時代の旧鉄道網が刷新され、リトアニア共和国の鉄道網が新構築されました。1923年にクライペダ地域がリトアニアに加わると、国とクライペダ港を結ぶ、新しく速い鉄道の需要が生まれました。

これによって、1923年、アマレイ‐テルシャイ‐クレティンガを含む最重要の路線が正式に承認されました。1926年にテルシャイ‐クジェイ区間が敷設され、1932年にはクレティンガ‐テルシャイ区間が完成しました。これで、リトアニアとクライペダが新鉄道で結ばれたのです。この路線には、新たに5つの駅(カルテナ、シャテイケイ、リエプラウケ、テルシャイ、プルンゲ)が設置されました。プルンゲ駅は、1932年10月29日に開業され、現在も利用されています。それは、プルンゲにとって大きな出来事でした。町には多くの商人が暮らしており、彼らにとって、鉄道線路はより迅速な輸出入を意味していたのです。鉄道線路は、町の発展と開発にも貢献しました。線路開通日に、リトアニア大統領のアンタナス・スメトナが、列車でプルンゲにやって来た事実は、その重要性を語っています。

コスト削減とより速い鉄道線路の開通を目指し、プルンゲ駅にはテルシャイ駅と同じ設計が用いられました。この路線で最も大きいこれらの駅には、近代的な新古典主義様式が採用されました。カルテナ駅もこれらに類似したものですが、非対称的な設計です。石造りで漆喰塗りされたプルンゲ駅舎の中央部分は、ロビーのある2階建て、その両脇はそれぞれ1階建てで、建物の上は、ブリキの屋根で覆われていました。

駅の近くには、「鉄道職員の家」と呼ばれた、色々な役職につく鉄道職員の社宅が建てられました。標準的で簡潔な装飾の設計でした。このような1階建ての住宅がもつ典型的な特徴は、屋根裏のある寄棟屋根で、表現豊かな駅舎の欄干のデザインが装飾に用いられています。建物には、3室のアパートが設けられ、その1室にはプルンゲ駅長が住んでいました。その若干先には、蒸気機関用の給水塔が建てられました。

プルンゲ鉄道駅と鉄道職員の家

(現住宅)

ストティエス通り44番地, プルンゲ郡

独立宣言後、1919年7月6日にカイシャドレイ発ラドヴィリシュキス行きの第一便の列車が運行されました。独立後、ロシア帝国時代の旧鉄道網が刷新され、リトアニア共和国の鉄道網が新構築されました。1923年にクライペダ地域がリトアニアに加わると、国とクライペダ港を結ぶ、新しく速い鉄道の需要が生まれました。

これによって、1923年、アマレイ‐テルシャイ‐クレティンガを含む最重要の路線が正式に承認されました。1926年にテルシャイ‐クジェイ区間が敷設され、1932年にはクレティンガ‐テルシャイ区間が完成しました。これで、リトアニアとクライペダが新鉄道で結ばれたのです。この路線には、新たに5つの駅(カルテナ、シャテイケイ、リエプラウケ、テルシャイ、プルンゲ)が設置されました。プルンゲ駅は、1932年10月29日に開業され、現在も利用されています。それは、プルンゲにとって大きな出来事でした。町には多くの商人が暮らしており、彼らにとって、鉄道線路はより迅速な輸出入を意味していたのです。鉄道線路は、町の発展と開発にも貢献しました。線路開通日に、リトアニア大統領のアンタナス・スメトナが、列車でプルンゲにやって来た事実は、その重要性を語っています。

コスト削減とより速い鉄道線路の開通を目指し、プルンゲ駅にはテルシャイ駅と同じ設計が用いられました。この路線で最も大きいこれらの駅には、近代的な新古典主義様式が採用されました。カルテナ駅もこれらに類似したものですが、非対称的な設計です。石造りで漆喰塗りされたプルンゲ駅舎の中央部分は、ロビーのある2階建て、その両脇はそれぞれ1階建てで、建物の上は、ブリキの屋根で覆われていました。

駅の近くには、「鉄道職員の家」と呼ばれた、色々な役職につく鉄道職員の社宅が建てられました。標準的で簡潔な装飾の設計でした。このような1階建ての住宅がもつ典型的な特徴は、屋根裏のある寄棟屋根で、表現豊かな駅舎の欄干のデザインが装飾に用いられています。建物には、3室のアパートが設けられ、その1室にはプルンゲ駅長が住んでいました。その若干先には、蒸気機関用の給水塔が建てられました。

コメント

送信
送信されました!