戻る

リトアニア軍将校クラブのビラ

9°C
ビルテス通り46番地, パランガ
聞く
ルート

第一次独立期間中、リトアニア軍将校は、カウナスのA. ミツケヴィチャウス通りにある特別な建築の建物に集ってきていました。建物の完成前であった1934年、将校には海辺での休息が必要だと決議され、リトアニア軍将校の設立した組織「リトアニア軍将校クラブ」が、パランガに、2階建ての木造の別荘のある1633平方メートルの土地を購入しました。翌春、建物は修理され、20室が設けられ、一度に50人を収容することができました。

建物には、「ビラ・ラモヴェ(Vila Ramovė)」と書かれた看板が飾られ、モダンなビラは、最初の夏から超満員でした。パランガにある他のプライベートビラと調和のとれた木造の建築で、将校やその家族は、そこに相場よりも安く宿泊することができました。建物の拡張と食堂設置の計画がありましたが、資金はすべてカウナスの将校クラブ建設に充てられてしまいました。

1939年、1940年、長い間、パランガの町長を務めたヨナス・シュリューパス博士、クライペダ地区の名士であり、新聞社「批評(Apžvalga)」の発行者であったユルギス・レバルタスら著名人が、「将校クラブ(Ramovė)」を訪問しました。将校クラブが保護した小リトアニアの名士であり、クライペダ暴動の指導者であるマルティナス・ヤンクスは、ここで夏を過ごしています。リトアニア軍司令官、将官、政治家であり、リトアニア共和国国防大臣も務めたスタシース・ラシュティキスも、何度かここで休暇を過ごしました。1939年秋、ポーランド軍の捕虜がここに住み、間もなくして、ビラと土地はソビエト軍の手に渡りました。独立回復するまで、ここは貸別荘「ネリンガ(Neringa)」とサナトリウム「ユーラテ(Jūratė)」として使われました。

1993年、建物は国防省に返還され、ここにパランガ将校クラブが設置されました。2013年には、リトアニア重要文化財に指定されました。現在は、クライペダ将校クラブの管轄で、戦間期も、現在も、将校やその家族たちに愛されています。緑色に塗り替えられた簡潔な構造のビラは、エスニック・モチーフで飾られ、ここでは様々なリトアニア軍関連のイベントや退役軍人の会合、カンファレンスが開かれています。軍事演習に赴く軍人の滞在施設としても使われています。

リトアニア軍将校クラブのビラ

ビルテス通り46番地, パランガ

第一次独立期間中、リトアニア軍将校は、カウナスのA. ミツケヴィチャウス通りにある特別な建築の建物に集ってきていました。建物の完成前であった1934年、将校には海辺での休息が必要だと決議され、リトアニア軍将校の設立した組織「リトアニア軍将校クラブ」が、パランガに、2階建ての木造の別荘のある1633平方メートルの土地を購入しました。翌春、建物は修理され、20室が設けられ、一度に50人を収容することができました。

建物には、「ビラ・ラモヴェ(Vila Ramovė)」と書かれた看板が飾られ、モダンなビラは、最初の夏から超満員でした。パランガにある他のプライベートビラと調和のとれた木造の建築で、将校やその家族は、そこに相場よりも安く宿泊することができました。建物の拡張と食堂設置の計画がありましたが、資金はすべてカウナスの将校クラブ建設に充てられてしまいました。

1939年、1940年、長い間、パランガの町長を務めたヨナス・シュリューパス博士、クライペダ地区の名士であり、新聞社「批評(Apžvalga)」の発行者であったユルギス・レバルタスら著名人が、「将校クラブ(Ramovė)」を訪問しました。将校クラブが保護した小リトアニアの名士であり、クライペダ暴動の指導者であるマルティナス・ヤンクスは、ここで夏を過ごしています。リトアニア軍司令官、将官、政治家であり、リトアニア共和国国防大臣も務めたスタシース・ラシュティキスも、何度かここで休暇を過ごしました。1939年秋、ポーランド軍の捕虜がここに住み、間もなくして、ビラと土地はソビエト軍の手に渡りました。独立回復するまで、ここは貸別荘「ネリンガ(Neringa)」とサナトリウム「ユーラテ(Jūratė)」として使われました。

1993年、建物は国防省に返還され、ここにパランガ将校クラブが設置されました。2013年には、リトアニア重要文化財に指定されました。現在は、クライペダ将校クラブの管轄で、戦間期も、現在も、将校やその家族たちに愛されています。緑色に塗り替えられた簡潔な構造のビラは、エスニック・モチーフで飾られ、ここでは様々なリトアニア軍関連のイベントや退役軍人の会合、カンファレンスが開かれています。軍事演習に赴く軍人の滞在施設としても使われています。

コメント

送信
送信されました!