戻る

リトアニア銀行

7°C
マイローニョ通り25番地, カウナス
聞く
ルート

建築家ミーコラス・ソンガイラが設計した巨大な構造と豪華な内装は、第一次独立期間にリトアニアがどんな大志を抱いていたのかを語っています。町のメインストリートにリトアニア銀行の建物がオープンしたのは、1929年のことでした。それは、暫定首都における、国として最初の建物でした。

古典主義で、釣り合いの取れた、力と強さを象徴した建築は、決して偶然の産物ではなく、ソンガイラも、1920年代にカウナスで活躍した他の多くの建築家たちも、サンクトペテルブルグ工学研究所やアートアカデミーで学びながら身につけた結果でした。ところで、この建築家は、リトアニア銀行の国際コンペでは、敗退しました。ところが、コンペに勝ったフランスの専門家の設計は、コストが高すぎたため、2番手の彼に幸運が回ってきたというわけです。

面白いことに、この銀行の建物には、職員用の住宅やガレージ、洗濯屋までありました。8室もある豪華なアパートには、首相のオウグスティナス・ヴォルデマラスと彼の家族が住んでいました(1930年に国外追放されたため、短い期間ではありましたが)。彼らは、図書館と、小さなバルコニーや外玄関、エレベーターの付いた大広間も利用していました。ここには、支店長のアパートもありました。

ソ連邦がリトアニアを占領すると、銀行はソビエト社会主義共和国連邦銀行の支店になりました。1941年3月25日にはリトアニア通貨のリタスも禁止され、銀行の金庫に保管されていた札束は、建物にあったストーブで焼却されました。国有銀行での占領者たちの態度は、比較的誠実なものでした。建物は、1970年に、建築遺産として登録されました。独立後、修復され、内装や元のカラーデザインが復元されました。

現在、銀行の見学には、事前の予約が必要ですが、戦間期のカウナスの秘密探しは、最大の面白さの一つです。重厚な銀行のドアを開ける前に、入口の両側にあるアールデコの装飾照明にご注目ください。窓のある壁龕に置かれたカイェトナス・スクレーリュスの彫刻も素晴らしいものです。内部の見どころは多く、豊かな内装の細部や使用されている素材のクオリティーと多様さに圧倒されることでしょう。大理石、クリスタル、ブロンズ、寄木細工、有名なアーティストによる作品など、1度の訪問だけでは足りないかもしれませんね。

リトアニア銀行

マイローニョ通り25番地, カウナス

建築家ミーコラス・ソンガイラが設計した巨大な構造と豪華な内装は、第一次独立期間にリトアニアがどんな大志を抱いていたのかを語っています。町のメインストリートにリトアニア銀行の建物がオープンしたのは、1929年のことでした。それは、暫定首都における、国として最初の建物でした。

古典主義で、釣り合いの取れた、力と強さを象徴した建築は、決して偶然の産物ではなく、ソンガイラも、1920年代にカウナスで活躍した他の多くの建築家たちも、サンクトペテルブルグ工学研究所やアートアカデミーで学びながら身につけた結果でした。ところで、この建築家は、リトアニア銀行の国際コンペでは、敗退しました。ところが、コンペに勝ったフランスの専門家の設計は、コストが高すぎたため、2番手の彼に幸運が回ってきたというわけです。

面白いことに、この銀行の建物には、職員用の住宅やガレージ、洗濯屋までありました。8室もある豪華なアパートには、首相のオウグスティナス・ヴォルデマラスと彼の家族が住んでいました(1930年に国外追放されたため、短い期間ではありましたが)。彼らは、図書館と、小さなバルコニーや外玄関、エレベーターの付いた大広間も利用していました。ここには、支店長のアパートもありました。

ソ連邦がリトアニアを占領すると、銀行はソビエト社会主義共和国連邦銀行の支店になりました。1941年3月25日にはリトアニア通貨のリタスも禁止され、銀行の金庫に保管されていた札束は、建物にあったストーブで焼却されました。国有銀行での占領者たちの態度は、比較的誠実なものでした。建物は、1970年に、建築遺産として登録されました。独立後、修復され、内装や元のカラーデザインが復元されました。

現在、銀行の見学には、事前の予約が必要ですが、戦間期のカウナスの秘密探しは、最大の面白さの一つです。重厚な銀行のドアを開ける前に、入口の両側にあるアールデコの装飾照明にご注目ください。窓のある壁龕に置かれたカイェトナス・スクレーリュスの彫刻も素晴らしいものです。内部の見どころは多く、豊かな内装の細部や使用されている素材のクオリティーと多様さに圧倒されることでしょう。大理石、クリスタル、ブロンズ、寄木細工、有名なアーティストによる作品など、1度の訪問だけでは足りないかもしれませんね。

コメント

送信
送信されました!