戻る

ヴィトウタス大公戦争博物館と国立M.K.チュルリョーニス美術館

8°C
K.ドネライチョ通り64番地, カウナス
聞く
ルート

これは、国内に2つとない、2つの特に素晴らしい博物館で構成された複合施設です。規模的にも、構想の意味からも、最も鮮明な戦間期のメッセージが込められている建物の一つです。

ヴィトウト大公戦争博物館の起源は、1919年まで溯ります。1921年1月22日に署名された命令により、次のように宣言されました。「設立される戦争博物館には、気高く、高潔な目的がある。いかにリトアニアが100年にわたって敵に苦しめられ、奴隷の足かせを外して、銃を手に取り、苦痛と戦争を経て、独立を勝ち取ったのかを示した永遠の碑を、未来の世代に作り残さなければならない。」最初の展示は、現在のヴィエニーベス広場にあったロシア帝国軍第3ドン歩兵連隊訓練所に設置されました。ところが、2年後には、緊急状態を理由に閉鎖され、どんな建物が博物館には必要で、どんな場所が相応しいのかを議論するようになりました。

一方、国立M.K.チュルリョーニス美術館の歴史は、1921年12月14日に遡ります。最初のチュルリョーニス・ギャラリーは、フクロウの丘(Pelėdų kalnas)の上にありました。そこは、現在も公開されています。

新博物館の定礎式は、ヴィトウタス大公没後500周年の1930年に行われました。また、ゲディミナスの丘と独立戦争が起きた場所の土も、建物の基礎に敷かれました。戦間期の出版物の中で、「国民の文化の家」と名付けられたこのプロジェクトは、国家レベルでもあり、リトアニア人一人ひとりによる民間レベルのものでもありました。建築コンペは2回も実施され、建設は、地元の人も、在外リトアニア人も資金提供し、6年がかりで行われました。建物がオープンしたのは、1936年2月16日です。

建物の設計は、ヴラディミラス・ドゥベネツキスの協力のもと、カロリス・レイソナスが手掛けました。南側は、ヴィトウタス大公に捧げられた象徴的モニュメントです。そこで重要なアクセントになっているのは、カリヨンタワーや大砲の展示されたアーケード、ビルジャイのアストラヴァス荘園から運ばれてきたライオン像です。ライオン像は、何千人というカウナス市民のフォトアルバムに、その姿が収められているでしょう。北のチュルリョーニス側は、明らかに、この象徴派アーティストの作品から得たアイデアで、正面は、チュルリョーニスが好んだ王冠をモチーフにしています。

2015年、欧州委員会は、これらの博物館を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

ヴィトウタス大公戦争博物館と国立M.K.チュルリョーニス美術館

K.ドネライチョ通り64番地, カウナス

これは、国内に2つとない、2つの特に素晴らしい博物館で構成された複合施設です。規模的にも、構想の意味からも、最も鮮明な戦間期のメッセージが込められている建物の一つです。

ヴィトウト大公戦争博物館の起源は、1919年まで溯ります。1921年1月22日に署名された命令により、次のように宣言されました。「設立される戦争博物館には、気高く、高潔な目的がある。いかにリトアニアが100年にわたって敵に苦しめられ、奴隷の足かせを外して、銃を手に取り、苦痛と戦争を経て、独立を勝ち取ったのかを示した永遠の碑を、未来の世代に作り残さなければならない。」最初の展示は、現在のヴィエニーベス広場にあったロシア帝国軍第3ドン歩兵連隊訓練所に設置されました。ところが、2年後には、緊急状態を理由に閉鎖され、どんな建物が博物館には必要で、どんな場所が相応しいのかを議論するようになりました。

一方、国立M.K.チュルリョーニス美術館の歴史は、1921年12月14日に遡ります。最初のチュルリョーニス・ギャラリーは、フクロウの丘(Pelėdų kalnas)の上にありました。そこは、現在も公開されています。

新博物館の定礎式は、ヴィトウタス大公没後500周年の1930年に行われました。また、ゲディミナスの丘と独立戦争が起きた場所の土も、建物の基礎に敷かれました。戦間期の出版物の中で、「国民の文化の家」と名付けられたこのプロジェクトは、国家レベルでもあり、リトアニア人一人ひとりによる民間レベルのものでもありました。建築コンペは2回も実施され、建設は、地元の人も、在外リトアニア人も資金提供し、6年がかりで行われました。建物がオープンしたのは、1936年2月16日です。

建物の設計は、ヴラディミラス・ドゥベネツキスの協力のもと、カロリス・レイソナスが手掛けました。南側は、ヴィトウタス大公に捧げられた象徴的モニュメントです。そこで重要なアクセントになっているのは、カリヨンタワーや大砲の展示されたアーケード、ビルジャイのアストラヴァス荘園から運ばれてきたライオン像です。ライオン像は、何千人というカウナス市民のフォトアルバムに、その姿が収められているでしょう。北のチュルリョーニス側は、明らかに、この象徴派アーティストの作品から得たアイデアで、正面は、チュルリョーニスが好んだ王冠をモチーフにしています。

2015年、欧州委員会は、これらの博物館を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

コメント

送信
送信されました!