戻る

司教館

8°C
カテドロス広場5番地, プルンゲ郡
聞く
ルート

クルシェイ地方にあるテルシャイは、1450年から文献に登場しています。1791年にマグデブルグ法が採用されました。同年、ベルナルディン修道士らは、丘の上に石造りの教会を建て、1926年にテルシャイ教区が設置されると、そこはバシリカとなりました。1793年に最初の学校が開校しました。1875年にはユダヤ教の神学校イェシーバーが創立されましたが、1941年にクリーブランドに移されました。19世紀末にも、戦間期にも、テルシャイはサモギティアの首都と呼ばれる地域の中心で、急速な発展を遂げました。1932年に敷設された鉄道線路は、産業開発と公的事業とともに、町の成長に大きく貢献しました。戦間期における急速な町の発展の遺産は、モダニズム建築群です。

今日でも、出版物に「サモギティアのバチカン」という形容辞が見られます。それは、教区に属する建物の複合施設のことです。戦間期の出版物を開くと、当時はもっと大きな意味があったことは明らかです。「建物は、非常に広々として、利便性があり、とても美しく、あらゆる近代的設備を備えている。さらに、テルシャイで最も美しい場所に建てられている。」と、1930年8月19日、「リトアニアのこだま」紙に特派員が綴っています。

1926年にリトアニアの教会管区が設置されると、サモギティア教区は3つの教区(カウナス、パネヴェジース、テルシャイ)に分割されました。新司教館は、暫定首都の建築家らに委ねられるほど重大な挑戦だったのです。司教館の設計はエンジニアのポヴィラス・タラチコヴァスが手掛け、ヴラディミラス・ドゥベネツキスがそれに手を加え、ネオバロック様式を取り入れました。クライペダの専門家らもこれに貢献しました。2階建ての2棟で構成される建物の建設費用は400万リタスでした。建物の建築は、隣接した建物から発想を得たネオバロック様式です。

司教館1階では様々な活動が行われました。ここには、記録保管所や司教顧問会、その他の教区機関があり、食堂も営業していました。2階の桐妻屋根の下には、司教(開戦までは、テルシャイ教区初の司祭ユスティナス・ストウガイティスでした)が暮らし、ゲストルームやイベントホール、礼拝所もありました。

2018年に建物は整理され、テルシャイ教区司教顧問会が使用しています。

司教館

カテドロス広場5番地, プルンゲ郡

クルシェイ地方にあるテルシャイは、1450年から文献に登場しています。1791年にマグデブルグ法が採用されました。同年、ベルナルディン修道士らは、丘の上に石造りの教会を建て、1926年にテルシャイ教区が設置されると、そこはバシリカとなりました。1793年に最初の学校が開校しました。1875年にはユダヤ教の神学校イェシーバーが創立されましたが、1941年にクリーブランドに移されました。19世紀末にも、戦間期にも、テルシャイはサモギティアの首都と呼ばれる地域の中心で、急速な発展を遂げました。1932年に敷設された鉄道線路は、産業開発と公的事業とともに、町の成長に大きく貢献しました。戦間期における急速な町の発展の遺産は、モダニズム建築群です。

今日でも、出版物に「サモギティアのバチカン」という形容辞が見られます。それは、教区に属する建物の複合施設のことです。戦間期の出版物を開くと、当時はもっと大きな意味があったことは明らかです。「建物は、非常に広々として、利便性があり、とても美しく、あらゆる近代的設備を備えている。さらに、テルシャイで最も美しい場所に建てられている。」と、1930年8月19日、「リトアニアのこだま」紙に特派員が綴っています。

1926年にリトアニアの教会管区が設置されると、サモギティア教区は3つの教区(カウナス、パネヴェジース、テルシャイ)に分割されました。新司教館は、暫定首都の建築家らに委ねられるほど重大な挑戦だったのです。司教館の設計はエンジニアのポヴィラス・タラチコヴァスが手掛け、ヴラディミラス・ドゥベネツキスがそれに手を加え、ネオバロック様式を取り入れました。クライペダの専門家らもこれに貢献しました。2階建ての2棟で構成される建物の建設費用は400万リタスでした。建物の建築は、隣接した建物から発想を得たネオバロック様式です。

司教館1階では様々な活動が行われました。ここには、記録保管所や司教顧問会、その他の教区機関があり、食堂も営業していました。2階の桐妻屋根の下には、司教(開戦までは、テルシャイ教区初の司祭ユスティナス・ストウガイティスでした)が暮らし、ゲストルームやイベントホール、礼拝所もありました。

2018年に建物は整理され、テルシャイ教区司教顧問会が使用しています。

コメント

送信
送信されました!