戻る

商工会議所

7°C
K.ドネライチョ通り8番地, カウナス
聞く
ルート

最も活気のある通りの一つK.ドネライチョ通りに、この建物がないのを想像できる人は少ないでしょう。これは、駅やジャリャカルニスへ向かう人たちを見送るゲートのようなものです。ところが、この建物、実は、戦争博物館のそばに建てられるはずだったことをご存知でしたか?そこは、国家的象徴物にしなければならないと決議され、通りの反対側の端に土地が購入されました。このため、既に用意していた設計に、ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスは、若干の修正を加えなければなりませんでした。この建物のコンペには、28案が提出され、V.ランズベルギス・ジェンカルニスのデザインは、実は2位でした。

1930年代末、建築家のデザインは、特に近代化し、大胆なものになっていましたが(研究所参考)、1938年に建設された商工会議所は、古典の香りが漂うものでした。合理的な建物にこの感覚を与えているのが、半柱とアーチです。この方法によって、戦争博物館のアーケードやリトアニア銀行との調和を図ろうとしたのかもしれません。

建物内部の装飾にはエスニック・モチーフが使われました。建築家が自ら制作した内装は、すべてではありませんが、今日まで残っています。彼は、戦間期の優れた建築家たち(浅浮き彫りを制作したブロニュス・プンジュス、ステンドグラス作家スタシス・ウシンスカス、画家ペトラス・コルポカス)と共同しました。

1938年6月16日付の「リトアニアのこだま」紙には、「建物は新しく、カウナスで最も美しい建築物の一つになることは、ほぼ間違いない。」と書かれています。また、館内には、交換局や物品館も置かれ、経済新聞出版者らが勤務することも報じられました。

1940年に建物は国有化され、文化博物館の所有となり、戦中は総司令本部が置かれました。当時、P.カルポカスのフレスコ画は塗りつぶされましたが、現在、その内の一つは、ロビーで再び目にすることができます。建物の価値やその重要性が失われることはありませんでした。それは、戦後、ここにあった図書館の職員らが、環境に良く配慮していたことが寄与しています。現在も、館内には、カウナス地区公共図書館の古書・希書課が置かれ、「カウナスチック」のプロかつファンである職員が、カウナスの歴史に関連する展示会を、開催しています。

2015年、欧州委員会は、この建物を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

商工会議所

K.ドネライチョ通り8番地, カウナス

最も活気のある通りの一つK.ドネライチョ通りに、この建物がないのを想像できる人は少ないでしょう。これは、駅やジャリャカルニスへ向かう人たちを見送るゲートのようなものです。ところが、この建物、実は、戦争博物館のそばに建てられるはずだったことをご存知でしたか?そこは、国家的象徴物にしなければならないと決議され、通りの反対側の端に土地が購入されました。このため、既に用意していた設計に、ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスは、若干の修正を加えなければなりませんでした。この建物のコンペには、28案が提出され、V.ランズベルギス・ジェンカルニスのデザインは、実は2位でした。

1930年代末、建築家のデザインは、特に近代化し、大胆なものになっていましたが(研究所参考)、1938年に建設された商工会議所は、古典の香りが漂うものでした。合理的な建物にこの感覚を与えているのが、半柱とアーチです。この方法によって、戦争博物館のアーケードやリトアニア銀行との調和を図ろうとしたのかもしれません。

建物内部の装飾にはエスニック・モチーフが使われました。建築家が自ら制作した内装は、すべてではありませんが、今日まで残っています。彼は、戦間期の優れた建築家たち(浅浮き彫りを制作したブロニュス・プンジュス、ステンドグラス作家スタシス・ウシンスカス、画家ペトラス・コルポカス)と共同しました。

1938年6月16日付の「リトアニアのこだま」紙には、「建物は新しく、カウナスで最も美しい建築物の一つになることは、ほぼ間違いない。」と書かれています。また、館内には、交換局や物品館も置かれ、経済新聞出版者らが勤務することも報じられました。

1940年に建物は国有化され、文化博物館の所有となり、戦中は総司令本部が置かれました。当時、P.カルポカスのフレスコ画は塗りつぶされましたが、現在、その内の一つは、ロビーで再び目にすることができます。建物の価値やその重要性が失われることはありませんでした。それは、戦後、ここにあった図書館の職員らが、環境に良く配慮していたことが寄与しています。現在も、館内には、カウナス地区公共図書館の古書・希書課が置かれ、「カウナスチック」のプロかつファンである職員が、カウナスの歴史に関連する展示会を、開催しています。

2015年、欧州委員会は、この建物を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

コメント

送信
送信されました!