戻る

建物

7°C
キャストゥーチョ通り3番地, プルンゲ郡
聞く
ルート

クルシェイ地方にあるテルシャイは、1450年から文献に登場しています。1791年にマグデブルグ法が採用されました。同年、ベルナルディン修道士らは、丘の上に石造りの教会を建て、1926年にテルシャイ教区が設置されると、そこはバシリカとなりました。1793年に最初の学校が開校しました。1875年にはユダヤ教の神学校イェシーバーが創立されましたが、1941年にクリーブランドに移されました。19世紀末にも、戦間期にも、テルシャイはサモギティアの首都と呼ばれる地域の中心で、急速な発展を遂げました。1932年に敷設された鉄道線路は、産業開発と公的事業とともに、町の成長に大きく貢献しました。もちろん、近代化していく第一次リトアニア共和国の国民は、近代的娯楽も求めました。その一つが、特に人気のあった映画鑑賞でした。

国内初の映画館は、1905年にヴィリニュスにオープンしました。「ジュガス(Džiugas)」という名前が付けられた映画館は、1911年に、市内にその当時新しく建てられた建物で営業を開始しました。3階建ての赤レンガの建物は、当時、周囲とはだいぶ異なるもので、現在も、建物の両脇に随分控え目な木造建物が隣接しています。

元テルシャイ市長のフェリクサス・ミレヴィチュスの記憶では、この建物はクラシック劇場として機能していたそうです。「テルシャイ市には、『ジュガス』映画ホール以外に劇場向きの建物はなかった。」

なぜ「ジュガス」なのでしょう?言い伝えによれば、ジュガスという名の巨人あるいは英雄がテルシャイを築き、町のすぐそばにはジュガス山(または、別名ジュギネナイ山)があるので、この名前が町を宣伝するプロジェクトや製品に付けられていても、何も不思議ではありませんし、そういったものはいくつもあります。遠く離れ
た外国でも、「ジュガス」のチーズやそれ以外の製品が手に入ります。また、長い間続く、高齢者のダンスグループ「ジュガス」もありますし、この名前が付いた高校もあります。

後年、かつてテルシャイのシナゴーグがあった場所に建てられた映画館にも、ジュガスの名前が付けられました。キャストゥチョ通りの映画館は、ソ連邦占領時代は、「10月(Spalis)」と呼ばれていました。

独立回復後、建物は、他の芸術に使用されました。1993年には、テルシャイ展示ホールがここにオープンし、2016年、修復された建物は、ヴィリニュス・アート・アカデミーのテルシャイ応用文化遺産研究・保存センターとして、一般に公開されるようになりました。そこには、展示スペースがあり、会議やレクチャー、教育活動も行われています。

建物

キャストゥーチョ通り3番地, プルンゲ郡

クルシェイ地方にあるテルシャイは、1450年から文献に登場しています。1791年にマグデブルグ法が採用されました。同年、ベルナルディン修道士らは、丘の上に石造りの教会を建て、1926年にテルシャイ教区が設置されると、そこはバシリカとなりました。1793年に最初の学校が開校しました。1875年にはユダヤ教の神学校イェシーバーが創立されましたが、1941年にクリーブランドに移されました。19世紀末にも、戦間期にも、テルシャイはサモギティアの首都と呼ばれる地域の中心で、急速な発展を遂げました。1932年に敷設された鉄道線路は、産業開発と公的事業とともに、町の成長に大きく貢献しました。もちろん、近代化していく第一次リトアニア共和国の国民は、近代的娯楽も求めました。その一つが、特に人気のあった映画鑑賞でした。

国内初の映画館は、1905年にヴィリニュスにオープンしました。「ジュガス(Džiugas)」という名前が付けられた映画館は、1911年に、市内にその当時新しく建てられた建物で営業を開始しました。3階建ての赤レンガの建物は、当時、周囲とはだいぶ異なるもので、現在も、建物の両脇に随分控え目な木造建物が隣接しています。

元テルシャイ市長のフェリクサス・ミレヴィチュスの記憶では、この建物はクラシック劇場として機能していたそうです。「テルシャイ市には、『ジュガス』映画ホール以外に劇場向きの建物はなかった。」

なぜ「ジュガス」なのでしょう?言い伝えによれば、ジュガスという名の巨人あるいは英雄がテルシャイを築き、町のすぐそばにはジュガス山(または、別名ジュギネナイ山)があるので、この名前が町を宣伝するプロジェクトや製品に付けられていても、何も不思議ではありませんし、そういったものはいくつもあります。遠く離れ
た外国でも、「ジュガス」のチーズやそれ以外の製品が手に入ります。また、長い間続く、高齢者のダンスグループ「ジュガス」もありますし、この名前が付いた高校もあります。

後年、かつてテルシャイのシナゴーグがあった場所に建てられた映画館にも、ジュガスの名前が付けられました。キャストゥチョ通りの映画館は、ソ連邦占領時代は、「10月(Spalis)」と呼ばれていました。

独立回復後、建物は、他の芸術に使用されました。1993年には、テルシャイ展示ホールがここにオープンし、2016年、修復された建物は、ヴィリニュス・アート・アカデミーのテルシャイ応用文化遺産研究・保存センターとして、一般に公開されるようになりました。そこには、展示スペースがあり、会議やレクチャー、教育活動も行われています。

コメント

送信
送信されました!