戻る

旧「パジャンガ」社ビル

10°C
ライスヴェス通り53番地, カウナス
聞く
ルート

この建物は、ライスヴェス通り沿いに古い石造りの建物があった場所に、1934年、リトアニアで最も有名な建築家の一人フェリクサス・ヴィズバラスによって設計されたもので、戦間期、眠ることがありませんでした。

新聞・書籍出版社である「パジャンガ(Pažanga)」は、自分たちの他に、リトアニア民族主義者同盟理事会とそのクラブ、雑誌「青年世代」、「リトアニアのこだま」新聞社編集部と総務部が、この建物に移転したことを報じました。後年、建物の5階にはレストランがオープンし、屋上にはテラスが設けられました。1階には、「パラマ」社の小間物店がありました。地下には、つやのないガラスの天窓(第二次世界大戦後に取り外されました)を通して照らされる会議ホールがあり、そこは人々で賑わっていました。中庭にも、多くの建物が建設されました。

リトアニア民族主義者同盟は、当時、与党で、建物の設計にエスニック・スタイルを取り入れたのは、決して驚くことではなく、それを際立たせるためのお金も惜しみませんでした。建設費用は60万リタス以上で、それは当時では、莫大な金額だったのです。

多様な要素から成る正面の透かし細工の装飾は、木彫りの伝統を連想させます。アールデコ法で解釈したエスニック・アートのモチーフが、バルコニーの柵に見られます。フェリクサス・ヴィズバラスは、類似した方法をカウナス中央郵便局の設計にも用いました。エスニック・モチーフは、建物の内装にもあります。

隣接する建物(ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスが設計した「ミルクセンター」)とともに、この建物も、暫定首都のメインストリートであるライスヴェス通りのアクセントとなりました。それらは、現在、いわゆるビジネスセンターですが、数少ない戦間期の「高層ビル」の一つにあたります。もう一つの「高層ビル」は、キャストゥチョ通りにある建物で、いわゆる、「パジャンガ」社創始者の一人にあたる「ヨナス・ラペナス」の家です。

様々な科学組織が運営され、住宅にもなっていた建物内部は、ソ連邦占領時代に見直されました。一部の専門家は、「破壊された」という表現を使っています。

1989年、権利を回復したヴィトウタス・マグヌス大学がここに設置されました。2015年、欧州委員会は、「パジャンガ」ビルを含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

旧「パジャンガ」社ビル

ライスヴェス通り53番地, カウナス

この建物は、ライスヴェス通り沿いに古い石造りの建物があった場所に、1934年、リトアニアで最も有名な建築家の一人フェリクサス・ヴィズバラスによって設計されたもので、戦間期、眠ることがありませんでした。

新聞・書籍出版社である「パジャンガ(Pažanga)」は、自分たちの他に、リトアニア民族主義者同盟理事会とそのクラブ、雑誌「青年世代」、「リトアニアのこだま」新聞社編集部と総務部が、この建物に移転したことを報じました。後年、建物の5階にはレストランがオープンし、屋上にはテラスが設けられました。1階には、「パラマ」社の小間物店がありました。地下には、つやのないガラスの天窓(第二次世界大戦後に取り外されました)を通して照らされる会議ホールがあり、そこは人々で賑わっていました。中庭にも、多くの建物が建設されました。

リトアニア民族主義者同盟は、当時、与党で、建物の設計にエスニック・スタイルを取り入れたのは、決して驚くことではなく、それを際立たせるためのお金も惜しみませんでした。建設費用は60万リタス以上で、それは当時では、莫大な金額だったのです。

多様な要素から成る正面の透かし細工の装飾は、木彫りの伝統を連想させます。アールデコ法で解釈したエスニック・アートのモチーフが、バルコニーの柵に見られます。フェリクサス・ヴィズバラスは、類似した方法をカウナス中央郵便局の設計にも用いました。エスニック・モチーフは、建物の内装にもあります。

隣接する建物(ヴィトウタス・ランズベルギス・ジェンカルニスが設計した「ミルクセンター」)とともに、この建物も、暫定首都のメインストリートであるライスヴェス通りのアクセントとなりました。それらは、現在、いわゆるビジネスセンターですが、数少ない戦間期の「高層ビル」の一つにあたります。もう一つの「高層ビル」は、キャストゥチョ通りにある建物で、いわゆる、「パジャンガ」社創始者の一人にあたる「ヨナス・ラペナス」の家です。

様々な科学組織が運営され、住宅にもなっていた建物内部は、ソ連邦占領時代に見直されました。一部の専門家は、「破壊された」という表現を使っています。

1989年、権利を回復したヴィトウタス・マグヌス大学がここに設置されました。2015年、欧州委員会は、「パジャンガ」ビルを含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

コメント

送信
送信されました!