戻る

旧パランガバスターミナル

6°C
ヴィトウト通り94番地/クレティンゴス通り1番地, パランガ
聞く
ルート

パランガは、1161年には文献に登場し、国内最古の集落の一つにあたります。15~17世紀には、リトアニアの最重要港でした。1819年以降、第一次世界大戦までパランガと周辺集落は、クールラント行政区の管轄で、その後、1921年までラトビアに属していました。1824年に帝国軍大佐のミーコラス・ティシュケヴィチュス伯爵がパランガを所有すると、港町はリゾート地へと急速に変化しました。ヴィトウト通り、S. ダリャウス・S.ギレーノ通り、J.バサナヴィチャウス通りが新しい町の中心となり、J.バサナヴィチャウス通りは、メインストリートになりました。新しいリゾート地(正式に認められたのは1909年)の建築は、多くが木造で、海辺の自然の景観に調和しており、この傾向は戦間期にも続きました。

ラトビアとの国際的議論が解決し、パランガとシュヴェントーイがリトアニアの一部となったのは、1921年になってからのことです。1935年まで、リゾート地のビーチは、フェリクサス・ティシュケヴィチュス伯爵が所有していました。これらの砂丘が国有化されると、いったいどれだけ多くの人が、ここに来たがったか想像できますか?

行楽客の利便性を考えると、パランガにはバスターミナルが必要だと決議し、1937年にクレティンゴス通りとヴィトウト通りと旧市場広場に囲まれた一角を購入しました。ここに建っていた古い建物を残念に思う人はなく、この新しい計画から町の近代化が急速に始まりました。

バスターミナルの設計を手掛けたのは、キーバルタイに生まれ、ベルリンで学んだヴァディマス・ウヴォヴァスです。シャウレイからパランガに彼を誘ったのは、シュヴェントーイも「おまけ」にしたパランガ町長のヨナス・シュリューパスでした。ウヴォヴァスは、数年間、休む間もなく懸命に作業しました。現在の映画館「ラミーベ(Ramybė)」やビラ「シレリス(Šilelis)」、住宅、夏に使われているステージ、シュヴェントーイ港の建物管理、そしてホテルとカフェを備えた国内初の石造りのバスターミナルなどは、すべて彼の功績によるものです。

1939年、多くの行楽客を迎え入れられる近代的構造の見事なターミナルがオープンし、1938年の大火災後の復興に貢献しました。バスの運行数が増加するに従い、町へ通じる道路も整備されました。

2014年に、町はずれの幹線道路上に、新バスターミナルがオープンしました。旧バスターミナルの建物は、現在、パランガ観光インフォメーションセンターとなっています。2010年には、リトアニア重要文化財に指定されました。好立地条件でもあるこの周辺は、今後開発されていく予定です。

旧パランガバスターミナル

ヴィトウト通り94番地/クレティンゴス通り1番地, パランガ

パランガは、1161年には文献に登場し、国内最古の集落の一つにあたります。15~17世紀には、リトアニアの最重要港でした。1819年以降、第一次世界大戦までパランガと周辺集落は、クールラント行政区の管轄で、その後、1921年までラトビアに属していました。1824年に帝国軍大佐のミーコラス・ティシュケヴィチュス伯爵がパランガを所有すると、港町はリゾート地へと急速に変化しました。ヴィトウト通り、S. ダリャウス・S.ギレーノ通り、J.バサナヴィチャウス通りが新しい町の中心となり、J.バサナヴィチャウス通りは、メインストリートになりました。新しいリゾート地(正式に認められたのは1909年)の建築は、多くが木造で、海辺の自然の景観に調和しており、この傾向は戦間期にも続きました。

ラトビアとの国際的議論が解決し、パランガとシュヴェントーイがリトアニアの一部となったのは、1921年になってからのことです。1935年まで、リゾート地のビーチは、フェリクサス・ティシュケヴィチュス伯爵が所有していました。これらの砂丘が国有化されると、いったいどれだけ多くの人が、ここに来たがったか想像できますか?

行楽客の利便性を考えると、パランガにはバスターミナルが必要だと決議し、1937年にクレティンゴス通りとヴィトウト通りと旧市場広場に囲まれた一角を購入しました。ここに建っていた古い建物を残念に思う人はなく、この新しい計画から町の近代化が急速に始まりました。

バスターミナルの設計を手掛けたのは、キーバルタイに生まれ、ベルリンで学んだヴァディマス・ウヴォヴァスです。シャウレイからパランガに彼を誘ったのは、シュヴェントーイも「おまけ」にしたパランガ町長のヨナス・シュリューパスでした。ウヴォヴァスは、数年間、休む間もなく懸命に作業しました。現在の映画館「ラミーベ(Ramybė)」やビラ「シレリス(Šilelis)」、住宅、夏に使われているステージ、シュヴェントーイ港の建物管理、そしてホテルとカフェを備えた国内初の石造りのバスターミナルなどは、すべて彼の功績によるものです。

1939年、多くの行楽客を迎え入れられる近代的構造の見事なターミナルがオープンし、1938年の大火災後の復興に貢献しました。バスの運行数が増加するに従い、町へ通じる道路も整備されました。

2014年に、町はずれの幹線道路上に、新バスターミナルがオープンしました。旧バスターミナルの建物は、現在、パランガ観光インフォメーションセンターとなっています。2010年には、リトアニア重要文化財に指定されました。好立地条件でもあるこの周辺は、今後開発されていく予定です。

コメント

送信
送信されました!