戻る

旧森林管理局

(現児童図書館)

9°C
ライスヴェス通り19番地, プルンゲ郡
聞く
ルート

プルンゲ市は、1567年以降の文献に登場し、1792年にマグデブルグ法を採用しましたが、結局用いられませんでした。1795年の第三次ポーランド・リトアニア共和国分割後、ズボフ伯爵家がプルンゲを治めました。19世紀末に、オギンスキー公一家が伯爵からプルンゲの荘園を買い取り、リトアニアで最初の一つにあたる音楽学校と庭園をそこに造りました。

1923年、町の人口の55%をリトアニア人が占める一方、ユダヤ人の割合は44%でした。町の事業の大部分をユダヤ人が取り仕切り、富裕層は戦間期に建設されたヴィトウト通りに暮らしていました。新しい鉄道線路や亜麻繊維・綿工場「クチスキス・パベディンスケイ(Kučiskis – Pabedinskiai)」、ユダヤ人の商取引、工芸品、地元の農産物は、戦間期の町の発展に大きく影響していました。1941年、プルンゲのユダヤ人コミュニティーは、ほぼ壊滅しました。戦後、町の顔は大きく変わり、地域産業の中心になる計画でしたが、実現しませんでした。是非、町の歴史的な場所を散策しみてください。

戦間期、ライスヴェス通りの端にあるバブルンガス川近くのプルンゲ公園には、白いよろい戸のある古い木造の建物があり、そこに森林管理局がありました。1930年、ヴィトウタス大公没後500周年記念として、管理局のそばにリトアニア大公ヴィトウタスのオークの木が植樹されました。

後年、木造の建物は解体されました。1939年、その場所に、地下のある2階建ての石造りの建物が完成しました。ここに、森林監督官が住んでいたそうです。細い柱で支えらた2階のバルコニーは、入口の屋根の役割も果たし、力強い建物のイメージを作り出しています。

戦後初期、建物は戦争司令本部が所有し、地下には過失を犯したソビエト軍人が収容されていたと考えられています(その痕跡が、建物の地下に残されています)。

後年、リトアニア共産党プルンゲ地区委員会が使用し、1978年にプルンゲ中央図書館となりました。

独立運動隆盛期には、図書館にはサユーディスが結成されました。第一次リトアニア共和国を思い出させるこの建物の上に、1988年10月30日、プルンゲで初めて、三色のリトアニア国旗が掲揚されました。2012年に、プルンゲ公立図書館成人課が、改修されたプルンゲ公園の時計台に移転すると、今度は児童課がここに置かれました。2018年には、建物内部が修復され、エクステリアが整備されました。

旧森林管理局

(現児童図書館)

ライスヴェス通り19番地, プルンゲ郡

プルンゲ市は、1567年以降の文献に登場し、1792年にマグデブルグ法を採用しましたが、結局用いられませんでした。1795年の第三次ポーランド・リトアニア共和国分割後、ズボフ伯爵家がプルンゲを治めました。19世紀末に、オギンスキー公一家が伯爵からプルンゲの荘園を買い取り、リトアニアで最初の一つにあたる音楽学校と庭園をそこに造りました。

1923年、町の人口の55%をリトアニア人が占める一方、ユダヤ人の割合は44%でした。町の事業の大部分をユダヤ人が取り仕切り、富裕層は戦間期に建設されたヴィトウト通りに暮らしていました。新しい鉄道線路や亜麻繊維・綿工場「クチスキス・パベディンスケイ(Kučiskis – Pabedinskiai)」、ユダヤ人の商取引、工芸品、地元の農産物は、戦間期の町の発展に大きく影響していました。1941年、プルンゲのユダヤ人コミュニティーは、ほぼ壊滅しました。戦後、町の顔は大きく変わり、地域産業の中心になる計画でしたが、実現しませんでした。是非、町の歴史的な場所を散策しみてください。

戦間期、ライスヴェス通りの端にあるバブルンガス川近くのプルンゲ公園には、白いよろい戸のある古い木造の建物があり、そこに森林管理局がありました。1930年、ヴィトウタス大公没後500周年記念として、管理局のそばにリトアニア大公ヴィトウタスのオークの木が植樹されました。

後年、木造の建物は解体されました。1939年、その場所に、地下のある2階建ての石造りの建物が完成しました。ここに、森林監督官が住んでいたそうです。細い柱で支えらた2階のバルコニーは、入口の屋根の役割も果たし、力強い建物のイメージを作り出しています。

戦後初期、建物は戦争司令本部が所有し、地下には過失を犯したソビエト軍人が収容されていたと考えられています(その痕跡が、建物の地下に残されています)。

後年、リトアニア共産党プルンゲ地区委員会が使用し、1978年にプルンゲ中央図書館となりました。

独立運動隆盛期には、図書館にはサユーディスが結成されました。第一次リトアニア共和国を思い出させるこの建物の上に、1988年10月30日、プルンゲで初めて、三色のリトアニア国旗が掲揚されました。2012年に、プルンゲ公立図書館成人課が、改修されたプルンゲ公園の時計台に移転すると、今度は児童課がここに置かれました。2018年には、建物内部が修復され、エクステリアが整備されました。

コメント

送信
送信されました!