戻る

警察署

(旧ホテル、商業館)

9°C
ヴィトウト通り1番地、3番地, プルンゲ郡
聞く
ルート

プルンゲ市は、1567年以降の文献に登場し、1792年にマグデブルグ法を採用しましたが、結局用いられませんでした。1795年の第三次ポーランド・リトアニア共和国分割後、ズボフ伯爵家がプルンゲを治めました。19世紀末に、オギンスキー公一家が伯爵からプルンゲの荘園を買い取り、リトアニアで最初の音楽学校の一つをそこに設立しました。

1923年、町の人口の55%をリトアニア人が占める一方、ユダヤ人の割合は44%でした。町の事業の大部分をユダヤ人が取り仕切り、富裕層は戦間期に建設されたヴィトウト通りに暮らしていました。新しい鉄道線路や亜麻繊維・綿工場「クチスキス・パベディンスケイ(Kučiskis – Pabedinskiai)」、ユダヤ人の商取引、工芸品、地元の農産物は、戦間期の町の発展に大きく影響していました。1941年、プルンゲのユダヤ人コミュニティーは、ほぼ壊滅しました。戦後、町の顔は大きく変わり、地域産業の中心になる計画でしたが、実現しませんでした。是非、歴史的場所を散策したり、戦間期の発展の足跡を探したり、どんな人々がこの町を築いてきたのかを想像してみてください。

サモギティア美術館では、イグナス・ストロプスが撮影した1931年にプルンゲで起きた火災の写真をご覧頂けます。そこでは、1931年3月31日の11時頃、ヴィトウト大通りにある商人ハイム・レスト(ユダヤ人民銀行役員)の家(兼ホテル)で火災が起き、屋根が板や藁でできていた近隣の建物にも燃え広がってしまったことが紹介されています。

このホテルとレスト家の話は、まるで映画のようでした。プルンゲ初のホテルを、イルマ・レストの未亡人エスター・レスティエネが設立しました。ヴィトウト通りのホテルは、小さな部屋貸しと宿泊客に美味しい食事を提供することから始まりました。事業が軌道に乗ると、彼女はホテルの経営を息子たちのレイザーとハイム、ヒレルに任せました。それでも、第二次世界大戦中にカウナスの第九要塞で殺されるまで、彼女は家族経営の柱的存在でした。

現在、ヴィトウト通りの始まりに建つ、角の2階建ての建物は、町に大損害を与えた火災後に建てられたもので、「伝統的に」戦間期に傾倒したモダニズム様式の石造りです。そのそばのヴィトウト通り側に、レスト家が、地下タンクを備える給油所を建てたことも有名です。

2018年末まで、ここは警察署として使われていました。

警察署

(旧ホテル、商業館)

ヴィトウト通り1番地、3番地, プルンゲ郡

プルンゲ市は、1567年以降の文献に登場し、1792年にマグデブルグ法を採用しましたが、結局用いられませんでした。1795年の第三次ポーランド・リトアニア共和国分割後、ズボフ伯爵家がプルンゲを治めました。19世紀末に、オギンスキー公一家が伯爵からプルンゲの荘園を買い取り、リトアニアで最初の音楽学校の一つをそこに設立しました。

1923年、町の人口の55%をリトアニア人が占める一方、ユダヤ人の割合は44%でした。町の事業の大部分をユダヤ人が取り仕切り、富裕層は戦間期に建設されたヴィトウト通りに暮らしていました。新しい鉄道線路や亜麻繊維・綿工場「クチスキス・パベディンスケイ(Kučiskis – Pabedinskiai)」、ユダヤ人の商取引、工芸品、地元の農産物は、戦間期の町の発展に大きく影響していました。1941年、プルンゲのユダヤ人コミュニティーは、ほぼ壊滅しました。戦後、町の顔は大きく変わり、地域産業の中心になる計画でしたが、実現しませんでした。是非、歴史的場所を散策したり、戦間期の発展の足跡を探したり、どんな人々がこの町を築いてきたのかを想像してみてください。

サモギティア美術館では、イグナス・ストロプスが撮影した1931年にプルンゲで起きた火災の写真をご覧頂けます。そこでは、1931年3月31日の11時頃、ヴィトウト大通りにある商人ハイム・レスト(ユダヤ人民銀行役員)の家(兼ホテル)で火災が起き、屋根が板や藁でできていた近隣の建物にも燃え広がってしまったことが紹介されています。

このホテルとレスト家の話は、まるで映画のようでした。プルンゲ初のホテルを、イルマ・レストの未亡人エスター・レスティエネが設立しました。ヴィトウト通りのホテルは、小さな部屋貸しと宿泊客に美味しい食事を提供することから始まりました。事業が軌道に乗ると、彼女はホテルの経営を息子たちのレイザーとハイム、ヒレルに任せました。それでも、第二次世界大戦中にカウナスの第九要塞で殺されるまで、彼女は家族経営の柱的存在でした。

現在、ヴィトウト通りの始まりに建つ、角の2階建ての建物は、町に大損害を与えた火災後に建てられたもので、「伝統的に」戦間期に傾倒したモダニズム様式の石造りです。そのそばのヴィトウト通り側に、レスト家が、地下タンクを備える給油所を建てたことも有名です。

2018年末まで、ここは警察署として使われていました。

コメント

送信
送信されました!