戻る

郵便局

9°C
ライスヴェス通り102番地, カウナス
聞く
ルート

1930年代のカウナスの出版物を見ると、新たな郵便局の建物の建設が、社会で熱く議論されていたことは明らかです。それは、カウナスで戦間期に建設された最重要の建物の一つで、その誕生は、1932年10月2日だと言えるでしょう。その日、ここで全郵便業務が開始されました。K.ドネライチョ通りの建物から職員や設備を移転したのは、1931年の年末でした。建設の経緯は1924年まで遡り、その頃から、このような建物の必要性が議論されるようになったのです。建物の建設は1930年、これはヴィトウタス大公の没後500周年にあたり、この記念年にカウナスでは建設ブームとなりました。

中央郵便局の設計を手掛けたのは、フェリクサス・ヴィズバラスです。彼は、戦間期に最も活躍した建築家の一人で、彼が一番に建物の構想を提案したわけではありませんでしたが、彼に設計が任されました。総工費用は約150万リタスで、さらに内装に25万リタスを費やし、戦間期のアーティストの作品や郵便のシンボルでふんだんに飾られました(その一例を挙げると、ペトラス・カルポカスは、103の郵便切手を描きました)。それは、今日、最も重要なエスニック・スタイルの実例の一つになっています。建物は、機能主義の先駆けと言われていますが、設計者自身は、この郵便局を「エスニック・スタイル」と呼びました。

このモダニズム建築の建物の一体何が、1932年に「モダン」だったのでしょうか?これには、「地下のある5階建て」「エレベーター」「明るく広々とした建物」「職員用シャワー」「無駄なものがない」といった、いくつかの理由があります。「カウナスチック」に傾倒した郵便局の正面には、数年後、電気時計が設置されました。入口の大きな階段は、21世紀になった今も、その話題性を失っていません。

100年近くの間、建物の役割が変化していないのは、興味深いことです。しかし、郵便サービスの急速な近代化に伴い、現在使用されているのは、全館ではありません。このため、歴史的建造物として、郵便サービスを残しつつ、いかにこの建物を有効利用できるか議論されています。そこには建築意識と民族の誇りが融合し、戦間期にあっても、現在に至っても、カウナス中央郵便局は、市民にとって最も重要で価値ある建物の一つなのです。

2015年、欧州委員会は、カウナス中央郵便局を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

郵便局

ライスヴェス通り102番地, カウナス

1930年代のカウナスの出版物を見ると、新たな郵便局の建物の建設が、社会で熱く議論されていたことは明らかです。それは、カウナスで戦間期に建設された最重要の建物の一つで、その誕生は、1932年10月2日だと言えるでしょう。その日、ここで全郵便業務が開始されました。K.ドネライチョ通りの建物から職員や設備を移転したのは、1931年の年末でした。建設の経緯は1924年まで遡り、その頃から、このような建物の必要性が議論されるようになったのです。建物の建設は1930年、これはヴィトウタス大公の没後500周年にあたり、この記念年にカウナスでは建設ブームとなりました。

中央郵便局の設計を手掛けたのは、フェリクサス・ヴィズバラスです。彼は、戦間期に最も活躍した建築家の一人で、彼が一番に建物の構想を提案したわけではありませんでしたが、彼に設計が任されました。総工費用は約150万リタスで、さらに内装に25万リタスを費やし、戦間期のアーティストの作品や郵便のシンボルでふんだんに飾られました(その一例を挙げると、ペトラス・カルポカスは、103の郵便切手を描きました)。それは、今日、最も重要なエスニック・スタイルの実例の一つになっています。建物は、機能主義の先駆けと言われていますが、設計者自身は、この郵便局を「エスニック・スタイル」と呼びました。

このモダニズム建築の建物の一体何が、1932年に「モダン」だったのでしょうか?これには、「地下のある5階建て」「エレベーター」「明るく広々とした建物」「職員用シャワー」「無駄なものがない」といった、いくつかの理由があります。「カウナスチック」に傾倒した郵便局の正面には、数年後、電気時計が設置されました。入口の大きな階段は、21世紀になった今も、その話題性を失っていません。

100年近くの間、建物の役割が変化していないのは、興味深いことです。しかし、郵便サービスの急速な近代化に伴い、現在使用されているのは、全館ではありません。このため、歴史的建造物として、郵便サービスを残しつつ、いかにこの建物を有効利用できるか議論されています。そこには建築意識と民族の誇りが融合し、戦間期にあっても、現在に至っても、カウナス中央郵便局は、市民にとって最も重要で価値ある建物の一つなのです。

2015年、欧州委員会は、カウナス中央郵便局を含む44のカウナスの戦間期モダニズム建築物を欧州遺産ラベルに指定しました。

コメント

送信
送信されました!