戻る

黄色の鉱泉揚水所

2°C
B.スルワゴス通り3番地, ビルシュトナス
聞く
ルート

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

揚水所(Biuvetė)は、フランス語に由来し、「鉱水源の建造物」という意味です。健康な人々の間でも、健康回復を願う人々の間でも、急激に人気になったビルシュトナスに揚水所ができたのは、19世紀のことです。

1879年、リゾート地の所有者である地主のイグノタス・クヴィンタは、揚水所に自分の娘の名前「ヴィクトリヤ(Viktorija)」と付けました。後に、リゾートの大ファンであった司教兼作家のユワザス・トゥマス・ヴァイジュガンタスが、「ヴィトウタス(Vytautas)」という名前を提案しましたが、この名前は、今日、リトアニアではミネラルウォーターの代名詞になっています。クジラの木造彫刻で飾られていたこの源泉は、カウナス水力発電所の建設後、ネムナス川によって水没してしまいました。彫刻のデザインは、ビルシュトナスの紋章に使われています。

歴史のあるサナトリウム「チューリップ(Tulpė)」の揚水所は、おとぎ話の中に出てくる家を思わせるシュールな形で、リゾート地のアクセントになっています。円い設計の建物には2つの入口があり、そこから印象的なロジアが続きます。屋根の上は、ランプの形をした塔で飾られています。

現在、ビルシュトナスの揚水所とミネラルウォーター製造工場に供給されている水は、鉱化度が低または中度のもので、特有成分(塩化ナトリウム)を含んでいません。この揚水所の水の鉱化度は、中度(1リットルあたり8グラム以上)で、歴史のある「ヴィトウタス」のミネラルウォーターも、それと類似するものです。水は、125メートルの深さから汲み上げられています。

黄色の鉱泉揚水所

B.スルワゴス通り3番地, ビルシュトナス

国家独立以前、鉱水リゾート地が私有地だったことを知っている人は少ないでしょう。さらに興味深いのは、ビルシュトナスに関する文献は、マルブルグのヴィガンドが、「新プロイセン年代記」で、木造の城が築かれたことに言及した14世紀まで遡ることです。1382年、ドイツ騎士団総長に、ネムナス川近くにある塩辛い水のそばに農家を見つけたことが報告されました。それは、リゾート地として正式に認定される約500年も前の話なのです!

憩いのオアシスとして町が知られるようになったのは19世紀で、特に、旧スタクリシュケス・リゾート近くで火災があった後のことです。1854年、正式にリゾート地建設許可が下りました。これに導いたのは、地主のアドマス・バルトシェヴィチュスと医師のベネディクタス・ビリンスキスでした。20年後には、イェズナスの地主であったイグノタス・クヴィンタがここを手に入れ、開発を開始し、後年は、リディヤ・ミラー・コハノフスキエネに所有権が渡りました。第一次世界大戦中に激しく被害を受けたこの町は、独立後は国の管轄となり、リトアニア赤十字社が管理しました。

揚水所(Biuvetė)は、フランス語に由来し、「鉱水源の建造物」という意味です。健康な人々の間でも、健康回復を願う人々の間でも、急激に人気になったビルシュトナスに揚水所ができたのは、19世紀のことです。

1879年、リゾート地の所有者である地主のイグノタス・クヴィンタは、揚水所に自分の娘の名前「ヴィクトリヤ(Viktorija)」と付けました。後に、リゾートの大ファンであった司教兼作家のユワザス・トゥマス・ヴァイジュガンタスが、「ヴィトウタス(Vytautas)」という名前を提案しましたが、この名前は、今日、リトアニアではミネラルウォーターの代名詞になっています。クジラの木造彫刻で飾られていたこの源泉は、カウナス水力発電所の建設後、ネムナス川によって水没してしまいました。彫刻のデザインは、ビルシュトナスの紋章に使われています。

歴史のあるサナトリウム「チューリップ(Tulpė)」の揚水所は、おとぎ話の中に出てくる家を思わせるシュールな形で、リゾート地のアクセントになっています。円い設計の建物には2つの入口があり、そこから印象的なロジアが続きます。屋根の上は、ランプの形をした塔で飾られています。

現在、ビルシュトナスの揚水所とミネラルウォーター製造工場に供給されている水は、鉱化度が低または中度のもので、特有成分(塩化ナトリウム)を含んでいません。この揚水所の水の鉱化度は、中度(1リットルあたり8グラム以上)で、歴史のある「ヴィトウタス」のミネラルウォーターも、それと類似するものです。水は、125メートルの深さから汲み上げられています。

コメント

送信
送信されました!