説明
スポット

プルンゲ

5 км

プルンゲの歴史をたどりながら、戦間期からの発展の足跡を探し、どのような人々がこの町を作り、暮らしていたのかを知るための散策にご招待しよう。1932年、新しく開通した鉄道の最初の運行で当時のリトアニア大統領アンタナス・スメトナがこの町を訪れた際、テルシェイ通りはスメトナ通りへと改名された。ヨマルカスと呼ばれる地元ユダヤ人の店や大きな市場があった。警察署や国有林管理局、駅、住居からは当時のコミュニティーの人々それぞれの物語を知ることができる。

プルンゲ

5 км

プルンゲの歴史をたどりながら、戦間期からの発展の足跡を探し、どのような人々がこの町を作り、暮らしていたのかを知るための散策にご招待しよう。1932年、新しく開通した鉄道の最初の運行で当時のリトアニア大統領アンタナス・スメトナがこの町を訪れた際、テルシェイ通りはスメトナ通りへと改名された。ヨマルカスと呼ばれる地元ユダヤ人の店や大きな市場があった。警察署や国有林管理局、駅、住居からは当時のコミュニティーの人々それぞれの物語を知ることができる。

旧森林管理局 ライスヴェス通り19番地, プルンゲ郡 住宅 ライスヴェス通り8番地, プルンゲ郡 警察署 ヴィトウト通り1番地、3番地, プルンゲ郡 住宅 テルシュー通り16番地, プルンゲ郡 プルンゲ鉄道駅と鉄道職員の家 ストティエス通り44番地, プルンゲ郡
コメント

送信
送信されました!